研究室・教員 /Research Unit & Faculty

意匠系では、6セメスター(3年次後期)に所定の単位を取得(見込み)した学生は、希望する研究課題と適性に基づいて教育研究分野へ配属されます。7~8セメスター(4年次)は、卒業にあたって、卒業研究かデザイン工学総合プロジェクトのいずれかを履修することになります。

卒業研究は、配属された教育研究分野の教員の指導のもと、学生の興味と適性に基づく研究課題を設定して行われます。卒業研究の種類には、論文、制作、論文制作があります。卒業研究は、課題に対するコンセプトや仮説を設定し、調査・実験を実施することで検証し、最終成果として論文もしくは制作物をまとめあげます。

デザイン工学総合プロジェクトは、各研究室から推薦された学生によって構成されたグループが、1年半(新カリキュラムでは1年)に渡って、社会性のあるメインテーマのもと、学内外の専門家の助けを得ながら具体的なデザインにとりまとめて提案するかたちで行うもので、卒業研究と同等の卒業要件を満たします。

デザイン学科のパンフレットはこちらからダウンロードしてください。
Please download the brochure of Design Department from here.

生産システム教育研究領域

製品デザイン研究室 /Product Design

製品デザイン研究室
生活の豊かさを目指し、製品、特に交通・動態機器に関するデザイン研究・開発を通して具体的な問題解決と提案を行います。製品をユーザー・環境に係わる生活生態系として捉え、自動車や船飛行機など移動機器、ならびにロボットや産業機器など動態機器を総合的な系として位置づけ、その知見・考究をもとに、具体的なデザインコンセプト・造形作品として提案します。

hayashi

林 孝一 / HAYASHI Koichi
教授 / Professor
学位:2014千葉大学大学院 博士(工学)
専門分野:トランスポーテーションデザイン
研究テーマ:オートモーティブデザイン,オートモーティブデザインマネージメント,オートモーティブブランドデザイン


システムプランニング研究室 /System Planning

sp_01
様々なデザイン対象をシステムとして捉え、人々の生活をより豊かに、より便利にするための仕組みのデザインを行っています。タンジブルなモノからインタンジブルなコトまで、既存のデザイン領域にとらわれることなく、様々な領域を対象とします。

watanabe_m

渡邉 誠 / WATANABE Makoto*
教授 / Professor
学位:1992千葉大学大学院 博士(工学)
専門分野:デザインマネージメント / デザインシステム / プロダクトデザイン
研究テーマ:デザインにおける様々なマネージメントの課題に関する研究 / 商品ラインナップにおけるデザインの課題、デザイン評価、デザインにおけるシステム論などに関する研究 / デザインを支援するシステムの構築デザイン支援システムの一部としてのデザイン用CAD/CGシステムの開発 / プロダクトデザインのユーザーインターフェィスに関する研究

ono

小野 健太 / ONO Kenta
准教授 / Associate Professor
学位:2001千葉大学大学院 博士(工学)
専門分野:デザインマネージメント / インターフェースデザイン
研究テーマ:[デザインマネージメントの研究]デザインにおける様々なマネージメントの課題に関する研究 / デザインプロセスにおけるマネージメントの研究 / デザイン機能におけるマネージメントの研究 [ユーザーインターフェイスデザインの研究]デザインにおけるユーザーインターフェイスの課題に関する研究 / プロダクトデザインのユーザーインターフェイスに関する研究

nagase

永瀬 彩子/ NAGASE Ayako*
准教授 / Associate Professor
学位:PhD, Department of Landscape, University of Sheffield
専門分野:都市環境デザイン
研究テーマ:屋上はらっぱ / 都市における生物多様性の創出 / ショーケース型植物工場の技術開発

algis

Algirdas PASKEVICIUS*
講師 / Lecturer
学位:千葉大学大学院 博士(工学)
専門分野:Logo Design / Product Design and Branding
研究テーマ:Communication Design / Product Design / Branding

*国際教養学部と兼任

デザインマネージメント研究室 /Design Management


今日の複雑化したデザインあるいはデザインに関連する領域の研究を行います。研究領域は、工業デザインをはじめとし、インタフェースデザイン、公共デザイン、景観デザインなどの対象物のシステムに関するマネージメントとに関する研究と、デザインストラテジーをはじめとする、デザインプランニング、デザインソリューション、などのプロセスや方法論、さらにはデザイン行為のマネージメントについての研究の2つからなります。

watanabe_s

渡辺 慎二 / WATANABE Shinji
教授 / Professor
学位:2014千葉大学大学院 博士(工学)
専門分野:デザインマネジメント / プロダクトデザイン
研究テーマ:「インハウスデザインとしての品質マネジメント」デザイン品質とともにプロセスの最適化を行なうための手法として、定量化によるデザインマネジメントの研究。「感性品質を高めたデザイン開発」

材料計画研究室 /Material Planning


[モノーヒトー環境]系における新たな価値の創造を目指し、材料が本来的に有している固有特性と固有特性から派生する属性との関係をデザイン科学の視 点に立脚して考究します。具体的には、材料選択や使用法に対する材料計画的検討、新技術を応用した新しい機能や用途の開発、形態や構造に対する造形的・力学的解析、材質感を構成する諸要因の感性工学的解明と製品開発への展開、資源・環境保全問題等に関する検討を行います。

terauchi

寺内 文雄 / TERAUCHI Fumio
教授 / Professor
学位:1994千葉大学博士(工学)
専門分野:材料計画 / 感性工学 / 人間工学
研究テーマ:製品の諸特性を定量化したうえで、製品設計を行うことを目的として研究を推進している。a)ヒトの心理的・生理的側面からの製品評価に関する研究 / b)製品が有する物理的・化学的・力学的特性の定量化に関する研究 / c)製品設計における具体的方策に関する研究

ueda_e

上田 エジウソン / UEDA Edilson
准教授 / Associate Professor
学位:2001千葉大学博士(工学)
専門分野:エコデザイン方法論 / エコ・プロダクトデザイン / 持続可能・サーピス製品デザイン / ユニバーサルデザイン 研究
研究テーマ:〔 持続可能・サーピス製品デザイン・エコロジー・ユニバーサルデザイン (ED・UD)の開発研究〕、地球環境から生活環境スケールのエコデザイン・ユニバーサルデザインあるいは持続可能なデザイン部署のあり方の開発研究など。

sato_koichiro

佐藤 浩一郎 / SATO Koichiro
准教授 / Associate Professor
学位:慶應義塾大学博士(工学)
専門分野:創発デザイン / Generative design / デザイン理論・方法論 / デザイン科学
研究テーマ:デザイン上流過程支援のためのAMを導入した多様解導出システムの基礎構築

意匠形態学研究室 /Design Morphology

意匠形態研究室
本研究室では、人が生み出すあらゆる「物」や「事」を研究対象とし、その成り立ちや構成要素の特性を,形態学的視点から考察する。「物」「事」の形態を構成する要素である「部分」の特性から「全体(形態)」の特性を解明する分析的アプローチと,「全体」そのままをとらえる直感的アプローチの両面をもって、具体的な「物」「事」を提案することを試みる。この提案を行うプロセスにおいては、複合的かつ論理的視点を持つと同時に,固定観念や既成概念にとらわれない自由な感覚のもとで、常に実在の「物事」と対峙しながら考察を深めて行くことに重点を置く。具体的なデザイン提案から、形や素材、現象やその構成要素の特性に言及した実験的性格の強い作品提案などを通して,「人が形態を生み出すこと」の意味を探る。
→意匠形態学研究室サイト

kubo

久保 光徳 / KUBO Mitsunori
教授 / Professor
学位:1989東京大学工学博士
専門分野:造形力学 / 構造力学 / 振動工学
研究テーマ:構造力学的および振動学的観点からのデザイン展開の可能性について、多面的な視点からの検討を試みている。特に、「形」と「力」そして「人」をキーワードとして、以下の2テーマを大テーマとし、教育および研究を進めている。a)人の手によって生み出された形に対する力学的考察、b)振動環境下における快適性に関する考察

tauchi

田内 隆利 / TAUCHI Takatoshi
准教授 / Associate Professor
学位:1991東京芸術大学芸術学修士
専門分野:造形 / 彫刻 / インスタレーション / パブリックアート
研究テーマ:公共空間における人と美術作品の関わり方についての実践を通した研究 / 立体構成と空間構成との関係についての検討

 

情報コミュニケーション教育研究領域

コミュニケーションデザイン研究室 /Communication Design


コミュニケーションデザインとは、優れた表現技術を用いてさまざまなメディアに効果的で魅力に富んだメッセージを織り込み、それらと人間との対話関係を成立させる行為です。本ユニットでは、報道・案内等のパブリックインフォメーション、広告・広報等のコーポレートデザイン、さまざまなレベルのコミュニケーションを扱うインタフェースデザインなどにかかわる表現技術、計画手法、評価方法等について研究します。

kiritani

桐谷 佳惠 / KIRITANI Yoshie
准教授 / Associate Professor
学位:1999慶應義塾大学博士(心理学)
専門分野:実験心理学 / デザイン心理学
研究テーマ:実験心理学のバックグラウンドを生かし、デザイン学から提起される諸問題に実証的にアプローチする研究 / 因果性、永続性などの人の基本的な知覚特徴に対する、実験心理学的研究 / 実験現象学の今日的意義の検討

ikjoon 

張 益準 / CHANG Ikjoon
助教 / Assistant Professor
学位:千葉大学大学博士(工学)
専門分野:ブランディングデザイン / エディトリアルデザイン / 情報デザイン / イラストレーション

人間情報科学研究室 /Human Informatics


人工物を介した人間相互のコミュニケーション、人間と人工物とのコミュニケーションなど、現代社会におけるコミュニケーションは多様であり、それらを円滑に行うための人間と技術のよりよい関係の構築が求められています。本ユニットでは、より人間特性に合致したヒューマンインタフェースの実現を目指し、人間の情報処理にかかわる諸問題について生物科学的、デジタル技術論的等さまざまな視点から研究と提案を行います。

iwanaga

岩永 光一 / IWANAGA Koichi
教授 / Professor
学位:1993千葉大学博士(理学)
専門分野:生理人類学 / 人間工学
研究テーマ:テクノストレス(機器使用や都市生活などに由来するストレス)に対する人間の適応能(テクノアダプタビリティ)について研究を行っている。循環器系、中枢神経系、自律神経系などの生理反応に関する基礎的研究,ヒューマンインタフェースの評価・設計に考慮すべき生理指標の開発などの応用的研究を行っている。

ishibashi

石橋 圭太 / ISHIBASHI Keita
准教授 / Associate Professor
学位:2000九州芸術工科大学大学院博士(芸術工学)
専門分野:生体情報処理,生理人類学,時間生物学
研究テーマ:生理的反応の個人差からみた多様なユーザ特性に対応するデザイン方法論のための基礎的研究

デザイン心理学研究室 /Design Psychology

人間情報科学研究室
デザイン心理学は、デザインに関わる様々な問題に対して心理学的な視点からアプローチするユニークで新しい学問領域です。心理学の根底には常に「人間への興味あるいは関心」が存在することが特徴で、デザイン心理学もその例にもれない。人間の生理、感覚、知覚、認知、さらにはエモーショナルな過程にいたるまで、様々な側面から考察を加えることによって、より良いデザインを指向するのがデザイン心理学ユニットです。
→デザイン心理学研究室サイト

hibino

日比野 治雄 / HIBINO Haruo
教授 / Professor
学位:1990 York Univ.Ph.D
専門分野:デザイン心理学/色彩科学 / 心理工学 / 視覚的ストレス
研究テーマ:デザインを心理学的な視点(特に知覚心理学の視点)から考察する研究 / 視覚環境や製品を視覚的ストレス(visual stress)の観点から扱い、その心理評価を行う研究


コマーシャルデザイン研究室 / Commercial Design


現代の社会において、生み出された「モノ」は生産の局面から、流通の局面をへて、消費の局面へと、届けられる。消費される「モノ』には、それ相応の価格が付けられる。また、宣伝の手法などを通じて、価格や性能などに見合ったコンテクストが付加される。それを購入する人には、消費を通じて、それぞれに異なる「コト」としての体験と価値が生まれる。消費者は、単なる「モノ」すなわち「コモディティ」を求めているのではない。同様の性能や価格が担保されているのならば、どれを選択しても同じ結果になるはずだが、多くの商品において、消費は期待されるべき「コト」選択によって行われる。つまり、消費者は「モノ」にひもづけられた、コンテクストによって、数多ある同様の商品の中から、自らにフィットするものを、差別化し、選択、購入、消費している。またこの消費の体験は、生活者に新たな経験を与え、商品に対する新たな希求を喚起することになるし、消費の結果はニーズとして、生産の局面にもフィードバックされる。商品の生産、流通、消費の三段階にわたって、社会科学的商学的立場と自然科学的技術的立場との2方面から商品を研究していく学問として、商品学という学問が存在する。本研究室はこの商品学の考え方をベースに、消費の局面における商品のありかた、コミュニケーションの方法、コンテクストの構築手法などを研究テーマに据える。
簡便な言葉で例示するのであれば、これらは商業用の伝言であるコマーシャルメッセージや広告であったり、自立的な商品の説明手段であるパッケージであったり、店舗におけるディスプレイに対する工夫などに落とし込むことができるといえよう。本研究室は、上記の従来の、表層に現れるグラフィックデザイン的、表現手法の追求や、マーケティング手法など、従来の手法に加えて、商品学が備える「商品鑑定論的研究」から、その『製品」が持つ「価値」を如何に位置づけし、商品としてコンテクストを付加することができるのかに挑戦する。これは生産の局面における、製品の成り立ちから考え直す必要がある可能性も含む。また、食や医療、防災といった、安全に関わる領域など、従来の生産の局面だけでは解との同定が出来なかったものや、デザインシンキングの手法が導入されなかった領域も、本研究室の、新しい研究対象として設定したい。

ohara

小原 康裕 / OHARA Yasuhiro
助教 / Assistant Professor
学位:2000京都工芸繊維大学 博士(学術)
専門分野:グラフィックデザイン / 広告論 / デザイン史・理論
研究テーマ:1920-30年代におけるフランスと日本のグラフィックデザインについて / コンピュータを利用したグラフィックデザイン教育と提案 / ネットワークを利用したメディアデザイン、理論、技術、製作システム、教材開発 / インターネットにおけるデザイン、インフォメーション・デザイン、ユーザビリティの見地からの研究

 

環境ヒューマノミクス教育研究領域

環境デザイン研究室 /Environmental Design

環境デザイン研究室
私たちは自然環境の中に生きていると同時に、人間自らが創り出す製品や都市空間に至る環境に囲まれて生きています。このような人間の創り出す環境の創られ方・使われ方によっては、私たち自身の生活と地球の行く末さえ左右されかねません。環境デザインでは、こうした環境と人間に関わる諸問題を人間の心理や行動の特性把握を中心に多方面かつ総合的に調査・考察するとともに、望ましい環境のあり方や計画手法を実際のデザインと関わらせながら教育研究を行います。
→環境デザイン研究室サイト

sato

佐藤 公信 / SATO Kiminobu
教授 / Professor
学位:2001 東京大学博士(工学)
専門分野:空間演出デザイン/音環境デザイン
研究テーマ:空間の演出、環境デザインの観点に基づく、送り手と受け手間の望ましいコミュニケーションのあり方に関する研究・空間演出手法の基礎研究及びその応用・環境デザインに関わる音の心理効果の研究

hara

原 寛道 / HARA Hiromichi
准教授 / Associate Professor
学位:2006 東京大学博士(工学)
専門分野:環境デザイン/遊具デザイン/家具デザイン
研究テーマ:主に屋外で子どもを含めた様々な人々の交流を促進する遊び環境の研究・提案

yuyama_h

今泉 博子 / Imaizumi Hiroko
助教 / Assistant Professor
学位:2012 千葉大学博士(工学)
専門分野:高齢者支援,園芸活動,植物工場,被災地復興支援,空間グラフィック,サイン計画
研究テーマ:空間の演出、環境デザインの関する研究

人間生活工学研究室 /Humanomics

人間生活工学研究室
デザインを行う上で人間(ヒト)の理解は不可欠の要件です。人間生活工学(Humanomics)とは、人間の諸特性を人間工学、生理人類学などの観点から、生理学的・心理学的・形態学的に研究することにより、人間に適合した機器や環境を構築するものです。本ユニットでは、これらに関する基礎的および応用的研究を行うことによって、より良いデザインの提案を行います。
→人間生活工学研究室サイト

shimomura

下村 義弘 / SHIMOMURA Yoshihiro
教授 / Professor
学位:2000千葉大学博士(工学)
専門分野:人間工学 / バイオメカニクス / 生理人類学
研究テーマ:ヒトの筋骨格系機構に関する基礎的研究と人間工学の製品設計への応用 / 上肢に関する筋活動および骨格動作の実測とモデリング / 工業製品の人間工学的デザイン / 筋活動電位(EMG)による機械制御 / 生理データの測定法

デザイン文化計画 /Design Culture


社会の豊かさを計る指標は、「文化=生活の総体」がいかに多様に共存するかにあります。文化の「これから」をデザインするには、地域・歴史・自然との共生をキーワードとしつつ、地域あるいは民族に固有の文化の「これまで」と「いま」の精査が不可欠です。これらの観点に基づき、国内外の地域社会と緊密に連携し、潜在的地域資源の再発見・再認識を通して、維持可能な社会の構築を目指した教育研究ならびにデザイン提案を行います。
→デザイン文化計画研究室サイト

ueda_a

植田 憲 / UEDA Akira
教授 / Professor
学位:2002千葉大学博士(学術)
専門分野:デザイン文化計画 / 地域資源活用 / 内発的地域づくり / 内発的観光創??
研究テーマ:内発的発展論を基底とした地域振興計画/維持可能な社会の構築に向けた生活文化の解析・計画

matsuo

松尾 恒一 / MATSUO Koichi
客員教授 / Visiting Professor
学位:
専門分野:民俗宗教、儀礼・芸能史
研究テーマ:

コンテクスチュアルデザイン研究室 /Contextual Design


本研究室は,今日の複雑な社会状況のもとでの新しいデザインのありかたを探求していくことを目的として活動しています.Contextual Designとは,社会的・歴史的文脈において人間活動とデザインの関係性を読み解きながら,自然や文化との共生のもとで人びとがよりよく生きることに向けて,場の形成や人びとの行動・経験文化のありかたをデザインとして提案していくことを示します.
現代では,物質面だけを取り扱うデザインから,人びとの生活のありかたを考えることや,公共の課題に向けてデザイン思考からアプローチすることへ,デザイン活動の目的が急速に拡大しています。
Social DesignやDesign Thinkingなどと呼ばれ,非物質までを対象とするデザイン活動の試みが発達し,地域生活の課題,福祉の課題など公共のシステムやサービスの改良・革新に向かっています.
研究室の教育研究活動では,居住・仕事・余暇における生活の質の向上をめざし,活発なフィールドワーク・社会調査,または深い文献研究を能動的に行うことから洞察を進め,新たな生活の可能性や方向を導出し,プロダクト・環境・視覚媒体いずれかを対象に,またサービスやエクスペリエンスを対象に,あるいは,それらを組み合わせたデザイン活動を行っていきます. 同時に,デザイン思考・デザイン活動の特質を根源から検討することによって,従来の枠組みのデザイン理解にとどまらず,将来それぞれの時代において必要とされるデザイン思考・デザイン活動を考えていくことができる力を涵養することをめざします.

higuchi

樋口 孝之 / HIGUCHI Takayuki
准教授 / Associate Professor
学位:2004千葉大学博士(学術)
専門分野:人工物意匠論・意匠史 / 生活文化デザイン
研究テーマ:生活文化・自然環境・身体や心理と人工物との関わり方の観点からデザインのあり方を検討している / デザイン思考および行為をあらわす言語概念の研究 / 社会的課題にコミットし、学術・社会活動の他領域と連携して行う相関デザインの研究・提案 / 室内計画をはじめとした生活環境デザインの実践
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0