DSCN0461

夏休みの課題「デザイン神」

By admin, 2014-10-04

本年度から,学部1年生の夏休みの課題を刷新しました。
「デザイン神(しん)」デザインの神を製作するという課題です。
 
夏休み明けの10月3日,想い想いに作ったデザイン神を持ち寄り,評価会を開催しました。
 




 
1年生なので,技術的に未熟なところは否めませんが,
どの神にも正面から全身全霊でぶつかった跡がみられ,当初の予想を超える力作ぞろいでした。
 
ぜひ来年も続けて,千葉大デザインの名物課題の一つになるよう昇華していきたいと思います。
 
参考までに,下記は課題提示時の要件です。
 
————————-
「デザイン神(しん)」
 
もしデザインの世界に神が存在したら?
以下の条件の下、それぞれが考える「デザイン神」を一体、デザインし、制作してください。
人の形に近いもの、架空の動物、抽象的な造形、「デザイン神」に相応しいものであればどのようなものでも構いません。
 
【像の制作】

  • 10月3日(金)の統合デザインの初日に持参してください。
  • 材料は自由です。
  • 支えなしに自立し,移動,展示に手間がかからないこと。展示はアトリエのテーブル一台に二体づつ展示する予定です。
  • 変化しても構いませんが、ある程度の年月は、崇拝の対象として形を保つことができること。1週間ぐらいでダメになるようなのはダメです。
  • 大きさはある程度の迫力が欲しいので、最低でも飛行機の機内に持ち込もうとしたら断られる程度は欲しいです。
  • 像を納めるための構造物などは基本必要ありません。360°どこからでも、像自体を楽しむことができること。
  • 課題的に一発芸的になりがちで、そうなるとあまり面白くないので、しっかり熟考し、毎日の鑑賞・崇拝に耐えられる、深みのある提案をしてください。
  • 宗教上の理由等で取り組むのに問題が生じる場合は、相談してください。

 
【パネルの制作】

  • サイズはA4縦
  • パネルの全面に写真を配し、邪魔にならない部分に、「像の名称」、「製作意図」、「制作者名」、「材料」、をカッコよく入れること。
  • 写真は、できるだけいいカメラで、その像の魅力を伝えるのに相応し場所、構図、ライティングで撮影すること。
  • 発表会の後、「仮)デザイン神 2014 夏」という冊子にまとめる予定ですので、できるだけ高解像度の写真を使ってしください。最低でも1241×1754 pixel(150dpi)以上は欲しいです。できれば,200dpiあれば,ベターです。
  • パネルは自立するよう、各自で工夫してください。
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0